インフォメーション

2017-01-18 11:16:00

冬が旬の魚、ホウボウ。

ダイビング中、よく砂地で見かけることのある魚です。

その形が「カナガシラ」に似て、【這う魚】という意味のものが、ホウボウという名前に転訛しました。

浮袋の振動による鳴き声が、「ほうぼう」と聞こえるためといった説もあります。

とても上質な白身で、江戸時代には「君(殿様)の魚」といて、上流階級の人たちが食べる魚となっていました。

また、お食い初めにも使われていたそうです。