インフォメーション

2016-12-08 15:24:00

映画、「サウンド・オブ・サイレンス」の舞台にもなったザルツブルグ。

冬になると、一面が雪で覆われてしまいます。

そんな雪一色をイメージして作られたケーキが、この「ザルツブルガートルテ」です。

 

ウィーンのデメルで売られている同名のお菓子は塩味のもので、このケーキとは大きくかけ離れています。

このザルツブルガートルテは、リリエンベルグの横溝氏のオリジナルのもので、

氏が中村屋グロリエッテのシェフの時代に、オリジナルとして考案したものです。

ホーエンザルツブルグ城から臨む、ウンタースベルグ山の雪化粧をモチーフにした仕上がりです。

 

このケーキは、多くの専門書や雑誌にレシピが公開されていますが、

横溝氏から直接レクチャーしていただいたレシピで作っています。

白い生地、白いクリーム、そしてホワイトチョコ。

グランマニエの味と香りが、実によくマッチしています。